2015年02月03日

映画「サン オブ ゴッド」

​ハレルヤー!

昨日は日曜日の礼拝に行って、主人と映画「サンオブ ゴッド」を観に行ってきました。

この映画、実はネット上では「イケメンすぎるイエス様」っと話題でした。

「初めに言があった。言葉は神と共にあった。言は神であった」
ヨハネによる福音書1:1

ここから始まります。

そして、イエス様の一生を描いていく映画です。

流れとしては聖書に忠実に表現されてる映画で、聖書を読み始めた人にもピッタリな内容でした。

イエス様が十字架にかけられるシーンは、本当に胸が締め付けられるような辛いシーンでした。

イエス様ご自身は何の罪も犯してないのに十字架の刑にかけられるのです。

「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのかわからずにいるのです」
ルカによる福音書23:34
っと言われたのです。

普通なら、自分は何の罪も犯してないのにこんな罪を課せられて 神様は何故助けてくださらないのか?っと恨んでしまうのに、イエス様はその人達はわからずにやってるからその罪をゆるしてあげてください。っと神様に祈ったのです。

聖書の中でも「赦す」ということがどんなに大事なことかっていうことが書いてあります。

そして、「私があなた方を愛したように、あなた方もお互い愛し合いなさい」っと書いてあります。

神様は目には見えない「愛」の大切さを教えてくださっています。

この日の主日の説教の主題が「許し」でした。

神様は映画を通してまたより一層わかりやすく「許し」と「愛」について教えてくださいました。

アーメン!

DA059D79-6518-4801-9A00-EEF862C90992.jpg

​御言葉を聞いて帰る途中に見えた雲です。
ハート️です。
いつもいつも空から見てくださってる神様に感謝します。

この映画を観に行こう!っと思われた方。
多分もうすぐ終わりだと思います。この時も1日1回の上映でした。
時間を調べて早く見に行かれた方がいいですよ。



posted by ブラボー at 00:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

映画 「ANNIE」

​ハレルヤ!

今週の水曜日、久しぶりに友達とランチ&映画を観に行ってきました。

観に行った映画は「ANNIE」

ミュージカルで有名なこの作品、題名は知ってましたがどんな内容かあまり知らなかったのですが、アニーの明るい笑顔と流れてくる曲に引き込まれて観ていました。

さすがアメリカ映画  ユーモアもいっぱいあって随所に笑いどころ満載!

とにかくアニーが可愛くて純真で 、子供嫌いだった大人の心も溶かしていくのです。

その中で歌われている「TOMORROW」

朝がくれば トゥモロー
いい事がある トゥモロー 明日
夢見るだけで トゥモロー
辛いことも忘れる いつか
寂しくて ゆううつな日には
胸を張って歌うの オー
朝がくれば トゥモロー
涙の後も 消えてゆくわ
トゥモロー トゥモロー
アイ ラヴャ トゥモロー
明日は幸せ

寂しくて ゆううつな日には
胸を張って歌うの オー
朝がくれば トゥモロー
涙のあとも 消えてゆくわ
★トゥモロー トゥモロー
アイ ラヴャ トゥモロー
明日は幸せ★

★繰り返し


​ポジティブになれる素晴らしい歌です!

どんなに辛くて悲しいことがあっても
明日という日は誰にでも平等に来る。
何が起こるかわからない。
今日が辛くても明日は夢が叶うような明日になるかもしれない。
だから明日に向かって生きよう!

​​​​映画の中で「これも啓示かしら・・・・」
っていうセリフがあるのですが、もしも私が聖書の勉強してなかったら 「啓示???」って思いながら聞いてた箇所かもしれません。

あなたも観たら、きっと心が震える映画です。
「愛」を感じる時 人は心が震えます。

そして、今日から公開の映画
「エクソダス 神と王」これはモーセの十戒をテーマにした映画だそうです。
これも機会があったら見てみたいと思ってます。

その前に聖書の「出エジプト記」を読んで行かれるともっと面白いかもですね。

もう一本紹介
「サンオブゴッド」
これはタイトル通りイエス様の一生を描いた映画です。
こちらは1/10から公開しててもう1日に一回しか上映してないようです。見たい方は時間を調べて早めに行かれた方がいいですよ。

「エクソダス 神と王」の映画を観たらまた感想アップしたいと思います。

A887CE86-D500-4142-A0F9-3CA77D4AB612.jpg




posted by ブラボー at 23:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする