2019年01月17日

震災の日 1.17

​1995年1月17日

阪神大震災が起こった日です。

91B89178-E0A0-4128-9A5E-3379A821270C.jpg

​あれから今日で24年経ったなんて、色んなことがあったけどあっという間でした。

摂理人にとっては1.17はすごく意味深い数字ですよね。

神様がこの震災を通してもたくさんのことを教えてくださいました。

色んな意味で絶対に忘れてはいけない日です。

EB76138E-790A-4D62-83BE-0FBD051A3BBB.jpg

​1995年はまだ一般的に携帯が普及してなかったけど24年経った現在、携帯からスマートフォンに進化して今では持ってない人の方が少ない時代になってきました。

便利になったけど震災で電気が使えなくなったらその便利なものも役に立たなくなることを昨年の台風の停電の時に身にしみて感じました。

スマホや携帯になってから先ず、電話番号を覚えてないし、アドレス帳に書くこともしなくなりました。

新聞の「防災に役立つアナログ生活」というタイトルに目が止まりました。

今では少なくなったけど公衆電話のかけ方も今の小さい子はわからないそうです。

そして、世の中的にキャッシュレス時代に向かっていますが電気がストップしたら機械も動かなくなるから使えないので!頼りになるのは現金だということです。

便利な生活に慣れ過ぎていざ震災でライフラインがストップしたらどれほど慌てることでしょうか。

神様は一つのことだけ考えていたらダメだといつも教えてくださってます。

携帯で電話番号が見れない時のためにアドレス帳に書いておく。

やっぱりそれって大事なことですね。

いくらパソコンにバックアップを取っていても停電したらそれは見れないのですから。

1.17  今日は改めて色んなことを考えさせられる日でした。




posted by ブラボー at 23:58| Comment(0) | 神様の証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

求める人にもっといい物をくださる神様

​ハレルヤー!

2019年最初の主日の御言葉の主題は
「求める人にもっといい物をくださる神様」でした。

今年最初の御言葉だから神様が何を私に伝えてくださるんだろう?って楽しみにしてたけど、すごく希望的な主題で最高の御言葉でした。

聖句は
マタイによる福音書7:7
​​「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」

クリスチャンじゃなくても一度は聞いたことがある聖句ですよね。あまりにも有名な聖句です。

御言葉を伝えてくださる先生は、
「求めなさい、神様は私達が求めた以上の物をくださる神様です」と教えてくださいました。

ここで気をつけないといけないのは、何でも求めたらいい。ということではないです。

神様が望まれることを求めなさい。そうしたら与えてくださるということです。

何を神様にお願いしようかな〜?

それは秘密だけど神様に毎日願い求めていきます。

22BE5485-18FA-4551-9928-AACF100BA38F.jpg




‭‭
posted by ブラボー at 23:14| Comment(0) | 主日の御言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年 明けましておめでとうございます

639B9926-927C-4A10-8E10-2C82496EAC3F.jpg

​明けましておめでとうございます。

2019年  穏やかな元旦です。

昨日は寝たのが4時過ぎてて2時間しか寝る時間なかったから、何とか起きれてギリギリ初日の出に間に合いました。

FF2C5CC0-617B-4901-9BBA-B128A279CF27.jpg

​淀川の河川敷に着いたら結構たくさんの人が日の出を見にきていました。

38490876-D1B3-469A-A4A6-DFBBB2BDF013.jpg

​スカイビルのビル群から太陽が昇ってきました。

8E332D23-246C-44EB-92F8-DBD783A2E78D.jpg

今年はどんな神様の歴史が展開されるんだろう。

すごく期待で胸膨らむ元旦です。

1日から15日までは神様に感謝で栄光を帰す期間です。



今年は御言葉を伝えてくださる先生が作ってくださった讃美曲を一曲 韓国語で覚えて栄光を帰すことを決めました。

もう一つは毎日、万物啓示で神様の形象を見つけて写真を記録していこうと思います。

今年もブログを見にきてもらえると嬉しいです。

よろしくお願いします。



posted by ブラボー at 23:39| Comment(0) | 神様の証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする