2018年12月31日

大晦日の買い物で啓示?!

​2018年12月31日

平成 最後の大晦日です。

我が家は娘が帰ってきて楽しい年末を過ごしてます。

B6324D4E-47A2-4AF4-8630-0D07F0162FFA.jpg
大晦日の朝の空。

このちょっと前はどんよりした雲やったけど西の方から明るくなってきたところです。

今日は昼前から娘とお正月の食料の買い出しに行ってきました。

買う計画にはなかったけどハーゲンダッツが3個で\500だったので買うことに。

私「どれにする〜?何食べたい?」

娘「そりゃ抹茶やろ〜!あれれ???抹茶がない」

私「やっぱり抹茶が一番人気なんや〜」

娘「こっちにもある。でも抹茶はないわ〜」

そしてリッチアイスを買おうとリッチアイスを取ってみたらその下に抹茶発見


​娘「やっぱり宝は隠されてるんや〜」

私「なるほど、ほんまや!」
っと妙に納得。

700BEEEC-92CF-4D75-B437-A4308B097DCB.jpg

​神様は大晦日に
「宝は隠されてるから諦めないで!」っと教えてくださったのでした。




posted by ブラボー at 19:19| Comment(0) | 神様の証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

愛のクリスマス

​メリークリスマス🎄🎅🎁

クリスマス、どのように過ごされましたか?

私は22日から毎日教会のクリスマス会に参加してみんなで讃美でお祝いをしたり、クリスマス会の様子を撮影したり結構忙しい毎日過ごしてました。

今年からクリスマスの主題は
「愛のクリスマス」になりました。

A8A29EFF-AAEB-41FA-A984-1045ED6370CB.jpg

​2000年前、神様が私達 人間のために救い主メシヤを送ってくださった日。

クリスマスの語源
クリスマスは英語で「Chirstmas」と表記されます。この言葉は、前半の「Christ」と後半の「mas」に分けられ、それぞれ、「イエス・キリスト」「ミサ(礼拝)」という意味を持っています。

日本人はきっとケーキを食べる日とかサンタさんからプレゼントもらえる日と思ってる人も多いと思います。

私も実際、聖書をちゃんと勉強するまではそう思ってました。

キリスト=救い主

なかなか日本人、「救い主観」全然ないんですが 聖書を勉強していくと、神様が本当に私達一人一人を愛してくださってることが分かります。

だから、「愛のクリスマス」なのか〜と納得。


24D1032E-1EE0-4BA8-AB6A-043D8B260639.jpg

9B17D725-D5A4-465D-A035-36D5DB61ED16.jpg

​世界中で神様に感謝する日、お互いに感謝する日。

クリスマスの日だけでなく毎日がクリスマスと思って生活したら、世界平和はなされます。

E6E849EF-6DB1-4DC6-8D32-7091430E4581.jpg

​それが神様が願われてること。






posted by ブラボー at 23:32| Comment(0) | 神様の証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

主が共にしてくださってることがめちゃ実感できた時

​ハレルヤー!

最近 主日礼拝の前の時間 聖殿がある地域の清掃をしています。

16日の日曜日も掃除に参加したんですが、その日持ってたのが小さいビニール袋でした。

始めはあまりゴミ落ちてないなって思ってたのですが、最後に見た通りの溝にペットボトルや空き缶がいっぱい落ちてたのです。

二人ともゴミ袋小さくて、「このゴミ拾いたいけど入れる袋がない〜、主よ どうしたらいいですか〜?」って問いかけてたら、溝にゴミ袋が丸まって捨てられてたのを発見!

その袋はきれいじゃなかったけど広げて見たら穴も開いてなくて拾ったペットボトルを入れることができました。

「すごい!やっぱり主がいつも共にしてくださって助けてくださってるんだ〜」って実感するしかない出来事でした。

拾った袋も小さくてそれにも入りきらなくて、「どうしましょう」って思ってたら
またその近くにも袋が落ちててその中にすべてのゴミを拾って回収することができました。

今まで生きた中でスーパーのレジ袋を拾ってこんなに嬉しかったことはないです

​礼拝の前に主が共にしてくださったことが実感できてすごく嬉しかったし、ゴミも全部拾えて清々しい気持ちになりました。

今年もあと二週間です。

私も自分の中の矛盾をスピード上げてなくして、清々しい気持ちで来年を迎えたいです。

981B1EE8-D765-4D3D-B35B-93B1395428EB.jpg
posted by ブラボー at 22:37| Comment(0) | 神様の証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする